日新館の歩み

日新館の歩み

勇武館の山崎久治信正は竹内流(備中伝)、司箭流を伝えていた。

昭和初期にはその高弟の竹内綱一正取の他数名のみが継承していた。中山和夫取真は幼少時から武を志し昭和23年に竹内師に入門、昭和30年岡山大学入学に伴い大学内に師を招いて古武道の稽古を始めた。これが岡山大学古武道部の始まりである。

この後、門人が集まり道場を日新館と名付けた。昭和37年竹内正取師が逝去し日新館長・岡山大学古武道部師範の二代目を中山取真が継ぐ。

中山取真門下からは小野真人、大島真雲、河野真通らの高弟を輩出し京都、倉敷、東京へと新たに道場を構え竹内流備中伝が広まった。

平成17年中山取真が逝去。中山拓也真承が竹内流備中伝第十六代師範、司箭流第十四代宗家を継承し日新館道場の代表者となって現在に至る。先代から引き継いだ伝統を正しく次代に伝えるべく尽力している。