今枝新流

今枝新流杖術

今枝新流(いまえだしんりゅう)杖術(じょうじゅつ)は今枝流より出ており遠祖を今枝弥右衛門良重とする。

津山藩士松岡治朗助政親は今枝流五代、秋元三左衛門に学び、今枝流をもとに新たな技を編み出し新手十手、短杖を加え今枝新流を開いた。その後松岡家に伝承されたが同家の伝承は断絶し新流五代目の松岡(可児)籌吉師範に師事した中山和夫より日新館に伝えられた。

今枝流の系譜

流祖 今枝弥右衛門良重

二代 今枝左仲良堅

三代 今枝左仲良台

四代 秋元甚兵衛仲次

五代 秋元三左衛門仲之

今枝新流の系譜

流祖 松岡治朗助政親

二代 松岡操政寛松

三代 松岡翁政行

四代 松岡寿夫政和

五代 可児籌吉政忠

六代 中山和夫取真

七代 山本浩之真就