竹内流(備中伝)

竹内流備中伝

竹内流(たけのうちりゅう)武術は記録の確認できる最古の柔術流儀として知られるが、柔術の他にも武器術全般を伝える総合武術である。

美作国の一之瀬城の城主であった竹内中務大輔久盛(たけのうちなかつかさだゆうひさもり)が鍛錬の末、天文元年(1532)六月二十四日、愛宕神の化身とされる山伏から秘伝を受け創始したと伝わる。

主に短刀を用いる甲冑組み討ちである小具足腰之廻(こぐそくこしのまわり)を中心とし、剣術、棒術、その他の武器術、柔術、捕縄術、活殺法などを含んでいる。

竹内流は二代久勝、三代久吉と受け継がれ現代に至るまで流祖の子孫である竹内宗家、竹内相伝家に継承されている。また江戸期には全国各地に広まったが多くは明治以降に伝承が絶え、現在では宗家、相伝家の他には備中地方に伝わった一系統のみが残っておりこれを現在では備中伝(びっちゅうでん)と称している。

この系統は三代加賀介久吉の門人であった竹内清太夫正次が備中の生坂藩の武芸指南役としてこの地で竹内流を教授したことに始まり工夫を加えられながら独自に体系化されていった。

この間、美作の竹内本家と全く交流がなかったわけではなく、例えば十二代の渡辺(高木)利忠治は竹内宗家の門下に入り本家の技を学んだことが記録に残っている。また十五代中山取真も備中伝を学ぶとともに宗家、相伝家の教えを受けている。

現在の日新館では竹内本家と同じ小具足腰之廻、棒術、剣法斎手、居合などの他に備中伝独自の棒術や居合、本家にはない真棒、鎖鎌といった武器術を稽古している。

明治以降多くの武術流儀が断絶した中、備中伝の竹内流は勇武館の山崎久治から日新館の竹内綱一へとかろうじて伝えられていた。日新館二代目、中山和夫取真は岡山大学古武道部を創設し備中伝の伝承に力を尽した。そして日新館三代目、中山拓也真承(まさつぐ)に道統が受け継がれ現在に至っている。

なお備中伝という呼称は美作の竹内家の系統と区別するため近年になって使用されるようになったもので元来は単に「竹内流」と称していた。

備中伝の系譜

開祖 竹内中務大輔久盛

二代 竹内常陸介久勝

三代 竹内加賀介久吉

四代 竹内清太夫正次

五代 山本数右衛門久儀

六代 清水吉右衛門清信

七代 吉田茂一清房

八代 石河宗介仲直

九代 三宅清七郎常明

十代 森源介勝政

十一代 高嶋仁太夫久行

十二代 高木利忠次久信

十三代 山崎久治信正

十四代 竹内綱一正取

十五代 中山和夫取真

十六代 中山拓也真承